磯野くんの合格秘話 磯野くんの合格秘話

磯野君が木村塾に入ったのは、中3の6月。友達に誘われて、軽い気持ちで入塾しました。入塾前は、ほぼ勉強せずに定期テストに臨み、学年順位も全体の半分以下でした。彼の入塾当時のクラスは、4クラス中一番下。ところが、クラスメイト達はとても前向きで、一番上の特進クラスに負けないくらいの量の復習をこなしていました。「みんな勉強が苦手なはずなのに、こんなに頑張っている。」心を動かされた磯野君は、クラスのみんなのため、そして通塾させてくれている親のために、初めて真剣に勉強しました。その結果、1学期期末テストで過去最高点をとり、その後もテスト毎に成績を伸ばしていきました。2学期期末テストの学年順位は6番に。そんな磯野君に夢が生まれました。それは、自分が発明・開発したモノで、世界の貧困に苦しんでいる人を助けること。稲園高校を志望したのは、少しでもレベルの高い大学で知識を身に付け、その夢を叶えるためです。
中3 2学期期末 457点 中3 2学期期末 457点

卒業生の作文 卒業生の作文

2015年 塚口中学校卒業 
尼崎稲園高校合格

木村塾

▲このページのTOPに戻る